ドコモの2010-2011冬春新型スマートフォン

ドコモが新たに4機種のスマートフォン(OSはAndroid )を発表しました。

LYNX 3D SH-03
BlackBerry Curve 9300
REGZA Phone T-01C
Optimus chat L-04C

の4機種。

【LYNX 3D SH-03】

シャープ製。裸眼で3Dコンテテンツが楽しめる。
おサイフケータイやワンセグ、赤外線通信などを装備。
ハイビジョン画質の動画が撮影できる有効約960万画素のカメラ。
発売は12月の予定。

【BlackBerry Curve 9300】

Research In Motion製。
QWERTYキーを搭載。
約200万画素のカメラを装備。
本体上部に、再生・停止・早送り/早戻しなどができる音楽専用のキーを配置。
発売は12月の予定。

【REGZA Phone T-01C】

東芝製。
PX5・IPX7相当の防水性能。
「モバイルレグザエンジン3.0」搭載で、ワンセグや YouTubeの動画を高精彩に映し出す。おサイフケータイや赤外線通信装備。
カメラは有効約1220万画素。ハイビジョン動画を撮影可能。
発売は12月もしくは11年1月の予定。


【Optimus chat L-04C】

LGエレクトロニクス・ジャパン製。
QWERTYキーを搭載したスライド式のエントリーモデル。
「spモード」に対応。
無線通信はBluetoothに対応。
有効約320万画素のカメラを装備。
発売は11年2月の予定。


各機種の画像はこちら↓
http://www.nttdocomo.co.jp/product/foma/smart_phone/