「スマートフォンニュースサイト」へようこそ!

当サイトは、自分にとってスマートフォンは使えるアイテムかどうか、判断に困っている方へスマートフォンの情報や最新ニュースをご紹介するサイトです。

 

携帯で十分と思ってみても、どうも気になるスマートフォン

楽しそうではあるが、値段は?毎月の通信費は?そして、いったい何につかったらいいのか?

決して安い買い物ではありませんので、じっくり検討してからに致しましょう。

 

スマートフォンニュースサイトの最新記事

2013年

12月

25日

格安データ通信SIMサービスを使えばスマホが手に届く!?

最近よく目にするようになってきた(一般的になってきた?)「MVNO」というサービス。

このサービスを使えば、スマホがぐっと手頃になってくるかも?

※「MVNO」とは、

各携帯電話会社のように、自前の基地局は持たず、通信回線を携帯電話会社から借り受けて通信サービスを提供する会社の事です。

 

 

いいなあと思う点

 

サービスによりますが、月額980円とか500円とかでスマホが持てる点でしょう。

2台持ちでもまあなんとか。

スマホだけなら今までの月額料金から劇的に安くなります。

(サービスを契約するのに、別途3000円くらいがかかります。)

 

すっかり定番の2年縛りがありません。

(契約解約金なんてのもありません。期間もまったくないか、数ヶ月程度に設定されています。)

 

 

注意したい点

 

今現在手元に、スマホ本体がない場合は、当然ながら用意しなければなりません。

キャリアで契約すると、2年ローン又は実質無料で入手することになりますが、そういう支払い方が出来ません。

一括かカードのリボ払い?で購入することになります。

 

中古を入手する方法もあります。

 

現在のところ、基本ドコモの端末(白ロム)又はsimロックフリーの端末に限られています。

 

すべての端末に対応しているというわけではなく、「MVNO」各社のホームページなどで対応端末を記載したページ載っている端末を参考として、機種を選びます。

 

何らかのトラブルがあっても、ある程度は自分で対応する必要があります。

 

キャリアが提供しているようなサービスは利用できません。

 

通信速度も遅く、通信量も制限されているプランがほとんです。

 

データ通信が主なので、電話はスカイプなどのネットを利用したサービスしかできません。

(※電話も使えるプランもあることはあります。)

 

 

 

※以上は、出来うる限り正確な情報をと努めていますが、誤解や理解不足又は時の経過による内容変更等で、現状と異なっている場合があるかもしれません。

 

 人気のMVNOサービスはこちら↓

 

⇒NTTコミュニケーションズ「OCN モバイル ONE」

⇒日本通信「b-mobile」

⇒楽天ブロードバンド「楽天ブロードバンドLTE」

⇒DTI「ServersMan SIM」

⇒@nifty「@nifty do LTE」

 

 

0 コメント